製品情報

ADCP・ドップラーログ

RemoADCP

ADCP遠隔オペレーション装置

RemoADCP

ADCP遠隔オペレーション装置 RemoADCP

RemoADCPを使えば、ADCPと双方向無線通信が可能となります。ADCP以外にも、GPSや音響測深器など最大3chまで同時接続可能です。SafetySurveyorへ組込めば、洪水時に迅速に観測できます。

特長

  • ADCPと完全な双方向通信可能。
  • ブレーク信号もサポート。
  • 最大通信距離 1km(見通し距離)※電波状態によって変わります)
  • マルチチャンネル(標準3ch)対応
  • コンパクト、防水型(船上局)で、橋上操作艇に最適。
  • ADCPの操作に不可欠なパソコンを、雨に濡らさずに観測できます。
  • 陸上局のアンテナが独立しているので、電波を拾いやすい位置に設置できます。
  • 船上局は防水型のため、水没の心配がありません。
  • 様々な機器構成に応じて、カスタマイズ可能です。

機器構成

機器構成図
陸上局 ■陸上局
高感度の指向性アンテナにより、最大1kmの長距離通信を実現しました。
船上局 ■船上局
RTK-GPSと一体化したユニットです。
ダイバーシティーアンテナにより、広範囲に電波を拾うことが可能です。
組込状況 ■組込状況
SafetySurveyorに、ADCP,RTK-GPS,音響測深器を組み込んだ状況です。

観測状況

陸上局の観測風景
陸上局の観測風景
SafetySurveyor
SafetySurveyor
四万十川の大洪水を観測1 四万十川の大洪水を観測しました。
四万十川の大洪水を観測2

仕様

特長

ワイヤレス通信 データ通信距離800m~1km*1
操作が容易 PCの操作方法は、ケーブル接続時とほぼ同様の操作が可能です。*2
多様なデータ処理

取得データはTeledyne RD Instruments社の他のADCPと同じバイナリーフォーマットなので、従来のADCPソフトウェア(「WinRiver」など)でのデータ解析/処理が可能です。

*1 見通しの効く場合での実績です。通信距離は環境により異なります。
*2 PCの初期設定が必要となります。

仕様

項目 内容
モデル RemoADCP
船上局 有線シリアル シリアル規格 RS-232C
データ転送速度 300-921,600bps
チャンネル数 3
アンテナ 無指向性アンテナ
入力電圧範囲 DC10-30V
消費電力 DC12V供給時 0.4A (Max)
外形サイズ 120mm×120mm×85mm (突起物含まず)
重量 約800g
陸上局 有線LAN イーサネット規格 IEEE802.3 (10BASE-T)
IEEE802.3u (100BASE-T)
データ転送速度 10/100Mbps
アクセス方式 CSMA/CD
通信方式 半二重 (Half Duplex)、全二重 (Full Duplex)
ポート数 1
アンテナ 偏波ダイバーシティアンテナ
入力電圧範囲 DC10-30V
消費電力 DC5-24V(専用ACアダプター付属)
外形サイズ 120mm×120mm×85mm (突起物含まず)
重量 約500g
無線LAN 伝送形式 IEEE802.11b準拠 DSSS方式
使用チャンネル 1ch (中心周波数2.412GHz)
データ転送速度 1Mbps (固定)
アクセス方式 CSMA/CA + ACK (RTS/CTS)
空中線電力 10mW/MHz以下
使用温度範囲 0-50℃
ケース材質 ポリカーボネート

カタログダウンロード

PDFファイルを閲覧するには専用ソフトが必要です。
ソフトをお持ちでない方は、バナーをクリックして最新のAdobe Reader(フリーソフト)をダウンロードしてください。

Get Adobe Reader
ご質問やご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。大阪本社:TEL.06-6581-8156、東京支店:TEL.03-3652-8156 お問い合わせフォーム