製品情報

ADCP・ドップラーログ

機能・オプション(波浪観測等)

機能・オプション(波浪観測等)

機能・オプション(波浪観測等)

波浪計測オプションを搭載することで、ADCPが波高計として利用できるようになります。スペクトル解析による有義波高、有義波周期、波向き、はもちろん、ゼロアップクロス法による波浪解析も可能です。 波浪観測以外にも、ハイレゾリューション機能、サーフェイストラック機能、ハイスピードサンプリング機能など、オプション機能も充実しています。

オプション

ボトムトラック機能 [BT]

ボトムトラック機能は、ADCPと水底の相対的な移動速度を計測することによって、ADCPの対地速度を求め、流速の絶対値を算出させる機能です。ボトムトラックには、高精度タイプと、輸出向けに精度を制限したタイプがあります。
[対応機種:ADCP全般, DVL]

ハイレゾリューション機能 [Mode5,8,11]

ハイレゾリューションモード[Mode5, 8, 11]は、浅くて流速が遅い流況において高精度に流速計測するモードです。微流速を高精度に計測する場合は必要になります。
[対応機種:]

ハイスピードサンプリング機能 [Mode12]

ハイスピードサンプリングモード[Mode12]は、流速精度を高めるために単位時間当たりのping発射数を増やすことができるモードです。洪水時の曳航観測で精度を向上させることができるADCPのオプション機能です。
[対応機種:]

サーフェイストラック機能[Mode15]

サーフェイストラック[Mode15]は、ボトムトラック機能をベースに、大気/海面境界や、流氷の底面などの移動速度をトラッキングするためのユニークな機能です。
[対応機種:L-ADCP,ワークホースADCP]

ウォータートラック [WM12]【DVL専用】

ウォータートラック[WM12]は、DVLにおいて流速プロファイルを計測するためのオプションです。

ロングレンジ機能【ストリームプロ専用】

SPロングレンジ機能はWHストリームプロADCPのオプションです。最大測定レンジ6m、(設定層厚~ 20cm) まで計測できるようになり、適用範囲が広がります。
[対応機種:ワークホースストリームプロ]

コンパス/傾斜機能【ストリームプロ専用】

コンパス/傾斜機能はWHストリームプロにコンパスと傾斜計を追加するオプションです。これにより、地球座標による流向流速や、チルトピッチ補正が可能となります。
[対応機種:ワークホースストリームプロ]

波浪計測機能[Waves Array]

波浪計測機能[WavesArray]は、ワークホースADCPで波浪計測を行うための非常に有効なオプションです。4つのビームで水面高さを計測するので、スペクトル解析が可能です。また、日本固有のゼロアップクロス法にも対応しています。水圧センサーを実装する必要があります。
[対応機種:ワークホースADCP]

水圧センサー

水圧センサーは、ワークホースのトランスデューサーにかかる圧力を計測します。絶対圧式で水位を計測するためのADCPのオプション機能です。
[対応機種:ADCP全般]

5thビーム(センチネルV)

※こちらの項目は只今準備中です。

ソフトウェア

セクション バイ セクション[SxS]

セクション バイ セクション[Section x Section(SxS)]とは昔からある伝統的な流量観測手法の一つで、河川横断面を任意のセクション(Section)で区切り、各々のセクションで固定して流速と水深を計測し、そのデータを用いて流量を算出する手法です。
従来プロペラ流速計や電磁流速計を用いて1~2点の計測で流量を算出していたのに対し、ADCP計測による多層データを用いることにより、より高精度な計測を行う事が可能となります。また、流速と同時に河床高を計測することができる為、短時間で各区間を計測することができます。
ソフトウェア「SxS Pro」は、SxS観測をサポートする為のソフトウェアです。データ取得、描画、流量算出、テキスト出力などの一連の作業を行うことができます。

生物付着防止

生物付着防止 クリアコーティング

非毒性ポリマーコーティングにより、生物付着を大幅に軽減することができます。コーティングを施したADCPは、乾いている時はシリコン特有の触知感がありますが、湿っている時はつるつるしており、設置中についたどのような汚れも簡単に洗い流すことができます。
ご質問やご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。大阪本社:TEL.06-6581-8156、東京支店:TEL.03-3652-8156 お問い合わせフォーム