アプリケーション

水中測量

海底地形測量

海底地形測量、海浜変形調査、水路測量、水中構造物探査、水中落下物探査、などには、TeledyneRESONのシーバットシリーズ最新機種である、SeabatT20-P、T50-Pが最高のパフォーマンスを発揮します。
海底の微細な地形変化や、魚礁や消波ブロックなどの水中構造物を探査するには、輪郭のエッジをいかに正確に記録できるかが重要です。SeabatT20-P、T50-Pでは、最大512本のクロスファンビームによる高密度計測と、マルチディテクト機能による多点計測によって従来は検出が困難であった垂直面なども欠損を最小限に抑えることが可能です。さらに、シリーズ最高レベルのノイズ低減技術と独自のアルゴリズムによって、正確無比な測深が可能であるため、微細地形でも高精細に計測することができます。
これに加えて、サイドスキャンソナーやスニペット機能によって音響画像的なデータを同時に取得できるため、よりリアルな海底情報を得られます。

  • 艤装状況

  • 計測画面

  • 計測結果①
    マルチビーム測深結果

  • 計測結果②
    左(スニペット)、右(サイドスキャンソナー)

シーバット 比較表
  • T20-Pソナー

  • T50-Pソナー

  • 船上局

SeaBat T20-PSeaBat T50-P
周波数190~420kHz
分解能0.6cm(深度方向)
ビーム幅(横×縦)1.0×1.0°(400kHz)
2.0×2.0°(200kHz)
0.5×1.0°(400kHz)
1.0×2.0°(200kHz)
ビーム数10~512(任意に設定可)
スワス幅140°/ 165°(等間隔/等角度)150°/ 165°(等間隔/等角度)
直下最大レンジ550m (200kHz)475m (200kHz)
575m (200kHz:X-range機能使用時)
発信間隔50Hz
測深方式クロスファンビーム方式(ビームフォーミング)
サイズ船上局131×424×379mm( H×W×D)
送波器86.6×93.1×280.1mm( H×W×D)
受波器123×254×102mm90.7×460×102mm
重量船上局14kg(空中)
送波器5.4kg/3.4kg (空中/水中)
受波器5.0kg/4.2kg (空中/水中)8.2kg/3.9kg(空中/水中)

システム構成

ナローマルチビーム測深機Reson社製ナローマルチビームソナーSeaBat T20-P
リアルタイム水中音速度計SVP70
GPSコンパス(測位・方位計測)VS330
動揺センサーDMS-05
水中音速度計Digibar S
船位誘導・データ収録及び
データ解析・処理ソフト
PDS
ご質問やご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。大阪本社:TEL.06-6581-8156、東京支店:TEL.03-3652-8156 お問い合わせフォーム