製品情報

HydroSweep MD/50

中浅海用マルチビーム測深器

HydroSweep MD/50

HydroSweep MD/50

HydroSweep MD/50は、Teledyne RESON製のハイエンド中浅海マルチビーム測深器で、水深約2000mまでのスワス測深を実現します。RESONとAtlasのテクノロジーが融合した第3.5世代のHydroSweepは、よりハイクオリティな船底装備型マルチビーム測深器としてブラッシュアップされ、MD/50では1.0×1.5°の狭指向性音響ビーム(直下)だけでなく、リアルタイムでの全軸動揺スタビライゼーションやマルチピングといった中浅海~深海向けの機能をもって、高密度・高解像度の測深データを提供します。

HydroSweep MD50やMD30による取得データと船底取り付け状況

システム概要図

特徴

  • 約2,000mまでのスワス測深に対応
  • 周波数52~64kHz
  • マルチピング機能により、1回の発振で4スワス発することで進行方向のサウンディング密度を確保
  • HOB機能により、1スワスあたり960サウンディング取得が可能
  • ロール・ピッチ・ヨーすべてのリアルタイムスタビライゼーションに対応
  • 低ノイズパフォーマンス
  • スニペット・サイドスキャンバックスキャッターデータの取得
  • ウォーターカラムデータ・イメージの取得

マルチピングモードでは、ソナーは進行方向に複数のスワス*をほぼ同時に発振します。HydroSweepはこのすべてのスワスについて320本の受波ビームと、ソフトウェアサウンディングをそれぞれ計算します。
これにより、ピングレートが低下する大深度環境でのオペレーションにおいても、進行方向のビーム/サウンディング密度を向上させ、同条件のシングルピング時より速い航走速度で測量を行うことができます。

*同時発振するするスワス数は機種により異なります


↑シングルピングによる測深イメージ

↑:マルチピングによる測深イメージ

仕様

周波数

52~62kHz

スワスパフォーマンス*

1500m@250m深度
2900m@1000m深度

直下最大レンジ

>2,000m

深度方向分解能

6cm

ビーム幅

1.0×1.5°

ビーム数/サウンディング数

1スワスあたり320本 / 960点

マルチピング数

×4

最大発信間隔

40Hz

動揺安定化

ロール:±15°、ピッチ:±10°、ヨー:±5°

TX寸法

1.0°:1200×153×193 mm

RX寸法

1.5°:193×1050×193 mm

*環境に依存します

ソフトウェア

ソナー制御ソフトウェア「Sonar UI」

ソナーのパラメータ制御には、 Sonar UIを使用します。現代的かつ直感的でわかりやすいインターフェースでソナーの操作を行うことができます。

SeaBatと合わせて設置された場合も同じソフトウェアを用いるので、オペレータはソナーによって複数のソフトウェアを習熟する必要がありません。

操船誘導・データ収録・処理ソフトウェア「PDS」

Teledyne RESON社のインハウスカンパニーである、Teledyne PDSが開発した、リアルタイムデータ収録・船舶誘導・ポストプロセスソフトウェアです。

調査計画、データ処理、エディット、体積計算、チャート化をはじめ、測深業務に必要なすべての機能を備えているだけでなく、スニペット・サイドスキャンデータ、ウォーターカラムデータの集録など、HydroSweepとSeaBatのオペレーションに最適化されています。

補助センサー&冶具

  • 表層リアルタイム水中音速度計
  • 鉛直水中音速度計
  • INSなどの各種測位動揺計測装置
  • 送受波器船底艤装用ブラケット
ご質問やご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。大阪本社:TEL.06-6581-8156、東京支店:TEL.03-3652-8156 お問い合わせフォーム