製品情報

SeaBat 7150

深海用マルチビーム測深機

SeaBat 7150

SeaBat 7150

SeaBat 7150は、Teledyne RESON製の大深度用マルチビーム測深機で、フルオーシャンデプスまでの測深に対応します。トランスデューサは、船底でのスペースと調査に求められるビーム幅に応じて自由に構成可能なモジュラー形式を採用しています。測深パフォーマンス重視の12kHzと解像度重視の24kHzのプロジェクターを2系列併設することで、大深度向けマルチビームソナーでありながら2周波の切り替えを行うことができるようになりました。

最大880本の等距離ビームと、リアルタイムのロール・ピッチ両方向のスタビライゼーションにより、大深度測深時においても圧倒的な点群密度を実現します。


SeaBat 7150による取得データ(左:水深400~4000m、右:水深1500m)

システム概要図


※実際のトランスデューサケーブルは、すべてのアレイからトランシーバラックに結線されます

特徴

  • フルオーシャンデプス対応
  • 完全2周波 12/24kHz
  • モジュラーデザインのトランスデューサ
  • 省スペースの船上構成
  • ロール・ピッチのスタビライゼーションに対応
  • 低ノイズパフォーマンス
  • スニペット・サイドスキャンの取得
  • ウォーターカラムデータ・イメージの取得


SeaBat 7150-F 船底取り付け写真

仕様

周波数

12/24kHz

スワスパフォーマンス

12kHz
  12000m@2000m深度
  15000m@4000m深度

24kHz
  7000m@1000m深度
  8000m@2000m深度

直下最大レンジ

12kHz: 12800m

24kHz: 9600m

直下ビーム幅

受波、送波ともに1°もしくは2°(構成による)

最大スワス角

等距離モード:880本、等角度モード:256本

ビーム数

等距離モード:880本、等角度モード:256本

パルス方式

CW

パルス長

0.5~20ms

最大発信間隔

15Hz

動揺安定化

ロール:±15°、ピッチ:±10°

TX寸法

12kHz: 219×648×498mm

24kHz: 168.5×648×298.5 (1モジュール当たり)

RX寸法

120.8×648×200mm (1モジュール当たり)

※1:環境に依存します

表:SeaBat 7150アレイ構成一覧

 


トランスデューサアレイ構成例(左:7150-F、中:7150-D、右:7150-B)

ソフトウェア

ソナー制御ソフトウェア「Sonar UI」

ソナーのパラメータ制御には、 Sonar UIを使用します。現代的かつ直感的でわかりやすいインターフェースでソナーの操作を行うことができます。

SeaBat他機種、あるいはHydroSweepと合わせて設置された場合も同じソフトウェアを用いるので、オペレータはソナーによって複数のソフトウェアを習熟する必要がありません。

操船誘導・データ収録・処理ソフトウェア「PDS」

Teledyne RESON社のインハウスカンパニーである、Teledyne PDSが開発した、リアルタイムデータ収録・船舶誘導・ポストプロセスソフトウェアです。

調査計画、データ処理、エディット、体積計算、チャート化をはじめ、測深業務に必要なすべての機能を備えているだけでなく、スニペット・サイドスキャンデータ、ウォーターカラムデータの集録など、HydroSweepとSeaBatのオペレーションに最適化されています。

補助センサー&冶具

  • 表層リアルタイム水中音速度計
  • 鉛直水中音速度計
  • INSなどの各種測位動揺計測装置
  • 送受波器船底艤装用ブラケット
  • 送受波器船底艤装用ゴンドラ

ご質問やご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。大阪本社:TEL.06-6581-8156、東京支店:TEL.03-3652-8156 お問い合わせフォーム