製品情報

NavSight Apogee INS

超高精度慣性航法装置

NavSight Apogee INS

NavSight Apogee

ApogeeタイプのNavSightは、仏SBG Systems社製慣性航法センサーの最新フラグシップモデルです。同社の最上級IMUをシステムに組み込むことで、あらゆるサイズの船、あらゆる環境でも船体の姿勢・位置を精度よく測定します。

狭指向性のビーム幅を持つ高性能マルチビーム測深器での観測や、外洋での深浅測量での使用を念頭に置き、開発されました。リアルタイム最大ピッチ・ロール精度0.008°を誇りながらも、システムは非常にコンパクトにデザインされています。

マルチビームソナーのオペレーションに必要な高精度な姿勢、測位、船首データを提供して測量を強力で支援するだけでなく、IMUのセンシング部にMEMSを採用していることから、優れた省電力性・耐衝撃性を備えています。


Teledyne RESON製SeaBat T50-Pと合わせて使用したサンプル
(上;3次元点群俯瞰、下;測線間の断面図)

システム概要図

システムは3軸の加速度計・ジャイロスコープからなるIMUユニットと、GNSS基板を内蔵した船上プロセッサユニットから構成されます。船上プロセッサは、可搬性に優れたIP67対応のラグドタイプと、観測船への永久艤装を念頭に置いた1Uラックマウントタイプを選択できます。

IMUユニットは、水中でマルチビームソナーの近傍に艤装可能な完全防水タイプと、船上・船内への設置を想定した非防水タイプ(IP68相当)を選択することができます。

橋梁下やダムの堤体際でGNSS測位が欠測しても、慣性航法によってデータをリアルタイムに出力し続けます。また、Teledyne RDI社製DVLや、PD0・PD6フォーマットを出力する対地速度系を支援センサーとして接続することで、GNSS欠測時の測位精度を補助することも可能です。

※GNSS欠測環境では、常に後処理ソフトウェアでの後解析を推奨します。

特徴

  • 深浅測量に必要な、姿勢・位置・時間・船首方位のデータを出力
  • 高精度な後処理ヒーブの出力対応
  • レバーアームのキャリブレーション機能実装
  • プロセッサ内に集録した生データを後処理可能(Qinertiaのページへ)
  • CPトランス、Ntripなどの外部VRSサービスからの補正情報を入力することで、RTK測位が可能
  • 船上プロセッサにプライマリアンテナ、パソコンをつなぐだけで内部GNSS基板と直接通信可能なので、基準点での精度確認の際、煩わしいIMU接続やオフセット定義が皆無
  • 1PPSは、タイミング・パルス長を自由に設定可能
  • 正確にタイムスタンプされた高速イーサネットメッセージ出力可

各種マルチビーム集録ソフトウェアに、SBG Systems社イーサネットメッセージのドライバが実装されており、各種計測データ、後処理ヒーブの集録が可能です。

※Hypackは集録後に要インポート作業

仕様

性能仕様

リアルタイムヒーブ 5cm or 5%
後処理ヒーブ 2cm or 2%、遅れ時間150秒
ピッチ・ロール 0.01°(DGPS時)
0.008°(RTK時)
測位 XY:0.3m、Z:0.5m(DGPS時)
XY:0.02m、Z:0.02m(RTK時)
ヘディング 0.04°(2mアンテナスパン)
0.025°(4mアンテナスパン)
出力方式 イーサネット、シリアル、同軸(1PPS)

 物理仕様

IMU部 防水:89×89×139mm
非防水:130×100×58mm
船上局 233×156×63 mm、 1.9kg *ラグドタイプ
アンテナ φ146×62.5 mm
IMU空中重量 防水:1.32kg
非防水:0.64kg
メモリ容量 8GB(船上プロセッサ内)
防水性能 防水タイプ:耐圧200mハウジング
非防水タイプ:IP68

ソフトウェア

Web Interface

NavSightの制御・設定管理は、ウェブブラウザを通してアクセスするWeb Interface上で行います。ソフトウェアは船上プロセッサ内に直接インストールされているため、従来の同種機器であったような機器側のファームウェアバージョンと、コンピュータにインストールされたソフトウェアのバージョンの相性問題を気にする必要が一切なくなりました。

ページのインタフェース、操作は非常にシンプルで直感的です。

左;精度・ステータス確認画面、右;オフセット管理画面

下;レバーアームキャリブレーション画面

オプション

  • 各種ケーブル長
  • 艤装金具・マウント台
  • 非INSのMRUバージョンもあります(詳細はお問い合わせください)

カタログダウンロード

PDFファイルを閲覧するには専用ソフトが必要です。
ソフトをお持ちでない方は、バナーをクリックして最新のAdobe Reader(フリーソフト)をダウンロードしてください。

Get Adobe Reader
ご質問やご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。大阪本社:TEL.06-6581-8156、東京支店:TEL.03-3652-8156 お問い合わせフォーム