製品情報

ワークホース ADCP リオグランデ

多層流向流速計(ADCP)

ワークホース ADCP リオグランデ

ワークホース ADCP

TRDI 社製 ワークホース ADCP は、世界の50カ国以上で数千にもおよぶ販売実績を有しており、最もポピュラーで信頼性の高いドップラー流速計です。世界の多くの研究者からの絶大な支持は、その信頼性の高さを物語っています。
ワークホース ADCPは、小型・軽量なデザインで携帯性に優れているため、海洋・河川・湖沼など様々な場所での使用に適しております。
ボトムトラッキング機能(オプション)を追加することで、移動しながら航走断面の流向・流速分布を計測することができます。また、流速測定精度を向上させる各種オプションが選択できます。

リオグランデ -Rio Grande-
  • 移動観測 専用 モデル(1997年リリース)
  • 稼働電圧 10.5~18VDC
  • ボトムトラック機能、ハイレゾリューション機能 標準装備
  • 内蔵メモリー(オプション)

オプション機能

ボトムトラック機能 ADCPの対地移動速度を計測する機能
ハイスピードサンプリング機能 最大40Hzの高速ピンキングを行う機能
(注: 1200kHz のみ)
ハイレゾリューション機能 浅水深、微流速域での観測に適した機能
(注: 600kHz,1200kHz のみ)
測流精度 0.98cm/s (1200kHz・層厚10cm設定時)
波浪計測機能(PDF/8.23MB) 波のパラメータ(波高、波向、周期)を推定する機能
サーフェイストラック機能 ボトムトラック機能をベースに、大気/海面境界や、流氷の底面などの移動速度をトラッキングするためのユニークな機能
S×S機能 Section x Section(セクションバイセクション)で流量を算出する機能

仕様

流速プロファイル
水深
周波数
標準レンジ*2
1200kHz
12m 標準レンジ*2
600kHz
50m 標準レンジ*2
300kHz
110m
層厚 最大レンジ*2
(m)
標準偏差*3
(cm/s)
最大レンジ*2
(m)
標準偏差*3
(cm/s)
最大レンジ*2
(m)
標準偏差*3
(cm/s)
0.25m 11-14 12.8        
0.5m 13-16 6.0 39 12.8    
1m 14-18 3.0 43 6.0 92-71 12.8
2m 15-20*1 2.0 47 3.0 102-78 6.0
4m     52*1 2.0 113-86 3.0
8m         126-95*1 2.0

*1 ロングレンジモード使用時
*2 プロファイリングレンジは水温5℃~20℃,塩分35pptで計算されております。
*3 ブロードバンドモード時の単ピングあたりの標準偏差

ロングレンジモード

  最大レンジ(m) 層厚(m) 標準偏差(cm/s)
1200kHz 24 2 3.8
600kHz 70 4 4.2
300kHz 165 8 4.2

測流パラメーター

長期測定精度 1200kHz/600kHz: ±0.25%又は±2.5mm/s
300kHz: ±0.5%又は±5mm/s
分解能 0.1cm/s
測流範囲 ±5m/s(標準)
±20m/s(最大)
設定層厚 1~128層(ハイレゾリューション機能使用時:1~255層)
最大測定レンジ 1200kHz: 24m
600kHz: 70m
300kHz: 165m
設定層厚 1200kHz: 5cm~4m (ハイレゾリューション機能使用時:1cm~)
600kHz: 10cm~8m
300kHz: 20cm~16m
最小ピング発信間隔 2Hz~5Hz(設定による)

反射強度

ダイナミックレンジ 80dB
精度 ±1.5dB

カタログダウンロード

PDFファイルを閲覧するには専用ソフトが必要です。
ソフトをお持ちでない方は、バナーをクリックして最新のAdobe Reader(フリーソフト)をダウンロードしてください。

Get Adobe Reader
ご質問やご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。大阪本社:TEL.06-6581-8156、東京支店:TEL.03-3652-8156 お問い合わせフォーム